MENU

キリスト教の火葬式の経験談

キリスト教の火葬式。お母さんのためにキリスト教信仰者弔い。85才でおられる母君は、ざっと四十数年前にアメリカのチャーチで牧師に洗礼を授かったようです。

 

だけれど、帰国後は日本の教会組織が合わず、さほど聖日礼拝に出席することは無かったようであります。

 

体調が悪化して病院に入ってから、万が一の時にはキリスト教式で行ってもらいたいと願いを託され、ご長男様が親族を説得したとおっしゃられていました。

 

キリスト教の火葬

 

奉仕者が御遺族をお導きします。

 

故人の生かされた日々に感謝しながら、祈りを捧げるようにします。

 

牧師が適切な聖なる書物の御言葉を宣言します。

 

逝去した方をお見送りして、想い出を分かち合います。